驚くような高時給も!東大生のバイト事情

バイト給与(10万円)

大学生といえば、学問やサークルなどと同時にアルバイトにも精を出す人が多くいます。東京大学に通っている人たちはどのようなアルバイトをしているのか、すごく高い時給を貰ってるって噂は本当?東大生がどんなバイトをしていて、どのくらいお給料をもらっているのか、自分の経験と改めて調べた情報から書いてみました。

東大生ってバイトしてるの?

もちろん東大生もバイトをしています。殆どの人がバイトをするので、やっていない人を探す方が大変なのは、他大の大学生と変わらないと思います。
少し古いデータ(2010年)にはなりますが、
http://www.ut-life.net/guide/life/10/partjob.php

こちらの東京大学のUT-Lifeというサイトを見ると、8割以上の比率の東大生が過去1年以内にバイトをした経験がある、と回答しています。

私の周りでもバイト経験者は非常に多く、学業よりもむしろアルバイトに精を出す、というような人もいたくらいです。

人気のバイトは家庭教師や塾講師

東大生にとっての人気のバイトはやはり家庭教師と塾講師です。

実際に教えるのがうまいかどうかはさておきやはり受験や勉強に関しての「東大」ブランドは強力です。また、難関と言われる受験を突破するためにその人なりの勉強法や工夫を打ち立てている人も多くいます。

そのようなブランドや自分の行ってきた勉強の経験・スキルを活かせるのが家庭教師や塾の先生のアルバイトです。

前述のUT-lifeの資料によると、アルバイトの種類(2010年で少々古いものではありますが、傾向はそこまで変わらないはずです)では半数強、50%を超えるアルバイトが家庭教師・塾講師に占められています

後述しますが、時給が高いことや他の人が多くやっていることもあり、これらのバイトに取り組む人は非常に多く、バイト経験有りのほとんどの東大生が一度はこれらのバイトを行ったことがあるのではないでしょうか。

私も大学1年生の時から家庭教師と塾講師のバイトを掛け持ちして働いていました。

時には時給1万円以上も!高時給のバイト事情

気になるのが時給の相場です。元々塾講師や家庭教師は時給相場の高い職種ではありますが、東大生の時給は大学生ということを考えるとかなり高いものになることも少なくありません。

もちろん、どういった所で働くのかにも寄りますが、家庭教師や塾講師を行った際の平均時給は3,000円以上、例えば駒場東大前の駅前にある家庭教師トモノカイの看板では、時給5,000円以上といった記述もあります。

大学1年生で入学直後であっても、このくらいの時給を取る人は珍しくありませんし、塾講師でも教室講義ともなれば5,000円以上の時給もざらです。
(もっとも塾講師は授業中のみ時給が発生して、準備やその後のフォローなどを考えると、もっと安い時給計算になる場合も多いですが・・・)

東京都の最低賃金(時給)が907円ですから、その3倍を超える時給ということですね。多くの人がこれらのバイトを行うのも理解できます。

そして、中には驚くような高時給を得ている人もいます。

例えば私が大学の時のクラスメートの中には、出身高校の先生に頼まれて、その先生の子どもの家庭教師をしている人がいました。

先生に見込まれるくらいだからよほど優秀なのもあるでしょうが、その人は時給8,000円以上を稼いでいたと聞きました。

他にも人によっては時給10,000円を超える塾講師のアルバイトをしていたり、少し違う話だと、やはり生徒の親にも金持ちが多いのか、合格のお礼に金一封を貰った、というような友人もいました。(彼はかなりバイトに熱心で、月に10万円以上を稼いでいることも少なからずありました。ストレスも多そうでしたが・・・)

塾講師や家庭教師は責任の重いアルバイトではありますが、その分やりがいもありますし、このように景気のいい話もよく聞いていたなと思います。

もちろん一般的なバイトもしてます、バイトの分布

もちろん、他のいわゆる一般的なバイトをしている人も多くいます。

家庭教師・塾講師や採点、試験監督のバイトなどが人気のものではありますが、通常のサービス業や飲食店、コンビニなどでバイトをしている人も多くいます。

私の友人にもコンビニでのバイトをしていたり、これはこれで人気だとは思いますがスターバックスでバイトをしていたり、という人たちがいました。

短期のバイトをしたり、企業で事務職のバイトをしたり(最近はインターンをする人も増えてきました)というケースも少なからずありますので、このあたりは普通の大学生、といえるのではないかな、と思います。

東大生のバイト探し

最後に、東大生はどのようにバイトを探しているのでしょうか。

これは他の大学生とあまり変わらないのかなと思います、多くはウェブサイトなどで求人を探したり、友だちの紹介でバイトをしたりです。

あとは家庭教師ですと、先ほど上げたような家庭教師トモノカイのようなサービスに登録しておいて、案件が来た時に応募する、というケースも多くあります。

トモノカイのメルマガであるt-newsは私も購読していました。

(今はNGになってしまったようですが、私が大学に入った頃は、講義が行われる教室の一面に友の会のチラシがまかれていたものでした)

その他教務課の壁紙にアルバイト募集がきていることも有ります。

ここには個人の方の募集もあるようで、個人的な家庭教師の他家事手伝い的な内容もあったのを記憶しています。

もちろん塾講師の募集なども出ています。

これらを見ながら東大生は自分のバイトを探したり、申し込んだりしているのです。


=====
最後までお読みいただきありがとうございます。
もし内容が役に立った、気に入ったという場合にはTwitterやFacebookのアカウントをお持ちの方でいいねかシェアを頂けると嬉しいです。
また何か気になることが有りましたらお気軽にコメント下さい。
皆さんの役に立つかどうかドキドキしながら書いているので何か反応があると嬉しいです。
※更新情報はTwitterで流していますので、こちらもフォロー頂けると有難いです。


投稿者: ga_ro_ri

がろりです。 サイトにお越しいただきありがとうございます。読んでいただいて嬉しいです。 公立中学から、都立高校を経て独学で東大文一に現役合格。 みなさんと生まれたばかりの娘のよりよい人生のために有効な勉強法を広めたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です