小学受験・中学受験はさせるべきか?(自分の子どもを東大に入れるために)


我が子を東大に入れたい親のために、シリーズです。

今回は自分の子どもを東京大学に入れるために、小学校受験や中学校受験をしたほうが良いのか、という点について記載していきます。

特に東京においては、小学校や中学校の段階から(特に中学受験において)進学に強い私立学校に入学させるケースが多いと思います。

ただ、その場合は当然公立の学校に進むのに比べて、塾などの費用や学費など多くのお金もかかりますし、他の子どもが遊んでいる時期に、子どもが受験勉強をすることになります。

「東大に入る」ということを考えた際に小学受験、中学受験をしたほうが良いのか、ということを考えていきたいと思います。

“小学受験・中学受験はさせるべきか?(自分の子どもを東大に入れるために)”の続きを読む


=====
最後までお読みいただきありがとうございます。
もし内容が役に立った、気に入ったという場合にはTwitterやFacebookのアカウントをお持ちの方でいいねかシェアを頂けると嬉しいです。
また何か気になることが有りましたらお気軽にコメント下さい。
皆さんの役に立つかどうかドキドキしながら書いているので何か反応があると嬉しいです。
※更新情報はTwitterで流していますので、こちらもフォロー頂けると有難いです。


学校選びも人間万事塞翁が馬


一見幸せだと思うことが実は災いにつながったり、はたまた災いだと思ったことが幸福につながったり、なかなか幸せや不幸というようなものはその時にはわからないものだ、というような意味の故事があります。

「人間万事塞翁が馬」(読み方は にんげんばんじさいおうがうま もしくは じんかんばんじさいおうがうま)という言葉です。

私は基本的に今の人生に満足をしていますし、どんなことでも前向きにとらえてしまいがちなので、幸福だと思ったら不幸の入り口だった、というような経験はあまりないのですが、それでも割と好きな故事成語の一つです。

“学校選びも人間万事塞翁が馬”の続きを読む


=====
最後までお読みいただきありがとうございます。
もし内容が役に立った、気に入ったという場合にはTwitterやFacebookのアカウントをお持ちの方でいいねかシェアを頂けると嬉しいです。
また何か気になることが有りましたらお気軽にコメント下さい。
皆さんの役に立つかどうかドキドキしながら書いているので何か反応があると嬉しいです。
※更新情報はTwitterで流していますので、こちらもフォロー頂けると有難いです。