偏差値と受験に関する誤解と情報


受験といえば高校受験、大学受験に関わらず目にすることの多い「偏差値」ですが、実は時々誤解をされていたり、あまり理解をされていなかったりすることがあって気になっています。

偏差値についての正しい知識を身につけて誤解や勘違いをなくし、より良い受験対策ができるサポートができるよう、偏差値についてまとめていきます。

■偏差値とは何か

そもそも偏差値とは、何かという点から確認しておきましょう。

偏差値という単語は入試に関連した学業成績で聞くことが多いですが、元々は別に受験に特化したものではなく、統計の用語で「ある数字が全体の中で、どれ位の位置にいるのか」、というものを50を平均として表したものです。

ですから、受験生全体なり、模試を受けた人全体なりを踏まえた際に、その人が今全体の中でどれ位の位置、順位にいるのか、というのを示すのが偏差値です。
(具体的な分布は後ほどご紹介します)

あくまで相対的な数字ですので、他の人の成績が良ければ下がり、他の人の成績が悪ければ上がる、ということになります。具体的に模試で何点をとったら偏差値がいくつ、と決まるわけではなく、全体の平均点がこのくらいで、得点はこのように分布しているから、この点をとった人の偏差値はいくつ、というように決まっていくものです。

全体の中での相対的な順位を示すものである、という点を押さえておきましょう。

なお、偏差値の最小値、最大値については、25~75とか0~100とか言われていますが、実際には特に範囲は決まっておらず、その時の全体の状況によって変わります

めったにないこと(というか実際に聞いたことはない)ですが偏差値が0を下回ってマイナスになることや、100を飛び越えて更に大きい数字になることも理論上はありえます

■偏差値の分布(偏差値と全体の順位)

では、どのくらいの成績だといくつくらいの偏差値になるのでしょうか。

“偏差値と受験に関する誤解と情報”の続きを読む


=====
最後までお読みいただきありがとうございます。
もし内容が役に立った、気に入ったという場合にはTwitterやFacebookのアカウントをお持ちの方でいいねかシェアを頂けると嬉しいです。
また何か気になることが有りましたらお気軽にコメント下さい。
皆さんの役に立つかどうかドキドキしながら書いているので何か反応があると嬉しいです。
※更新情報はTwitterで流していますので、こちらもフォロー頂けると有難いです。


自分の子どもを東大に入れるためにしないこと2 他の人と比べない


※タイトルが自分の子どもを東大に入れるために「しなくていいこと」から今回は「しないこと」になっていますが、そのあたりはご容赦下さい。度合いによって・・・ですね。

入試に向けて、に限った話ではないですが親が子どもを他の人と比べて、勝った、負けたとするのは子どもにとってあまりプラスではないと思います。

誤解のないように書いておきますと、子どもが競争心を持つ、競争に勝とうという気持ちを持つこと自体は全く悪いことではないと思います。むしろ競争心が入試の合格にプラスに影響することも多いと思います。

“自分の子どもを東大に入れるためにしないこと2 他の人と比べない”の続きを読む


=====
最後までお読みいただきありがとうございます。
もし内容が役に立った、気に入ったという場合にはTwitterやFacebookのアカウントをお持ちの方でいいねかシェアを頂けると嬉しいです。
また何か気になることが有りましたらお気軽にコメント下さい。
皆さんの役に立つかどうかドキドキしながら書いているので何か反応があると嬉しいです。
※更新情報はTwitterで流していますので、こちらもフォロー頂けると有難いです。


自分の子どもを東大に入れるためにするべきことその1 小さな成果を褒める


試験勉強、とくに大学受験や高校受験(中学受験などもそうですね)は長距離走のようなものです。
今の自分が取れる点数と、合格に必要な点数の差分をコツコツと、少しずつ埋めていく、そういう地道な作業の積み重ねであり、短期的に一気に成長をするわけではありません。
むしろなかなか伸び悩むような時期も数ヶ月の勉強の中では出てくると思います。

そうした状況を乗り切って目標を達成するために必要なのは、一つでも昨日できなかったことが今日できるようになる、小さな進歩を喜んで、それを元に気持ちやモチベーションを高める、ということです。

“自分の子どもを東大に入れるためにするべきことその1 小さな成果を褒める”の続きを読む


=====
最後までお読みいただきありがとうございます。
もし内容が役に立った、気に入ったという場合にはTwitterやFacebookのアカウントをお持ちの方でいいねかシェアを頂けると嬉しいです。
また何か気になることが有りましたらお気軽にコメント下さい。
皆さんの役に立つかどうかドキドキしながら書いているので何か反応があると嬉しいです。
※更新情報はTwitterで流していますので、こちらもフォロー頂けると有難いです。