東大を目指す高校1年生に伝えたいこと


このサイトへの流入キーワードに「高1 東大」というものがありました。思うところが有りましたので、今回は東京大学を目指す高校1年生の方に伝えたいメッセージを書きます。

一言で言ってしまうと変に勉強のことばかり考えず、高校生活を楽しんでください、ということなのですが、それだけだと身も蓋もないですし、知りたいのはどうやったら合格できるのか、という話だと思うので、それについても最後に記載していきます。

何のために東大に行くのか

「高1 東大」というキーワードから思い起こすのは高校1年生の頃から東京大学の合格を目指し勉強中心の生活を送ろうとする人、そして実際にそうしていた私の友人です。
それはそれでもちろん悪いことではないですし、そもそもそういう考えではなく、なんとなく「高1 東大」としている場合が多いとは思うのですがやはりそこは気になります。

東京大学を目指す人に(それは東大でなくても同じですが)考えて欲しいのは
「なぜ東大に入りたいのか」ということです。

恐らく人生の目標や、こういうことを学びたい、という未来への希望から東大を目指されているのだろうと思います。
人それぞれ夢は違うとは思いますが、自分の人生をより良いものにするために、東大に入りたい、それが東大を目指す理由だと思います。

この目的を大事に考えてみてください。

人生は東大に入ってからの方が長く続く(当たり前ですが)

これは当たり前の話ですが、ほとんどの人にとって東大に入ってからの方が人生は長いです。また東大にいるのは基本的には4年間、人生全体で考えるとそこまで長い時間ではありません。
高校の時は「東大合格」というと何やら大きなものに見えるのですが、これは受験の2日間の成績の結果決まるだけのことですし、入ったからといってそれだけで何かが大きく変わるわけではありません。

そして残念ながら東大に入ってもその後充実した人生を送る人もいれば、そうでない人もいます。これも当たり前ですが・・・
東大に入った私には、これも当たり前ですが東大生の知り合いが沢山います。皆入学時には意気揚々としていたわけですが、多くの人は充実していそうな一方で、やはりそうでない人も悲しいかな存在します。それってすごく残念だし、勿体無いことですよね。

別に高校時代をどう過ごしたかとその後には関係ないことも多いかもしれませんが、何にしても「東京大学に入ること」を目的にして勉強ばかりに時間を費やし、それ以上に大事な高校での時間を浪費してしまうようなことはとても勿体無いことです。

ぜひ高校にいる「今」をしっかりと楽しんでください
もちろん今の実力にもよりますが、基礎さえしっかり積み上げていれば、高2の後半や3年生になる頃から勉強を始めても間に合うと思います。
そして、それまで充実した生活をしていた人ほど、勉強モードへの切り替えがうまく、学習をしっかり積み重ねて一気に成績を伸ばせているように思います。

高校時代の経験は一生の宝もの

高校時代の経験は高校時代にしかできないものです。高校を卒業して13年、大学を卒業して社会人になってからも9年経ちますが今でも一番仲の良い友達は高校時代の友だちです。
彼らと高校時代に出会って色々な経験ができてとても良かったなあ、と思っています。

部活に打ち込んだり、恋愛をしたり、遊んだり、ちょっと冒険したり、そういう青春には高校時代にしかできないものも存在します。勉強ばかりをするのではなく、ぜひそういったものを楽しんでください。そのほうが人生がきっとより良いものになると思います。

私も最初の定期テストはクラスの真ん中くらいでしたし、高2になってからも英語で赤点すれすれの点を取ったり、高3になっても英語の受験対策授業をサボって図書室で本を読んで、昼休みに先生が教室に来て雷を落とされたり、ということもありましたが、大丈夫です、別にそれでも合格します。

人生を充実したものにすることが東大に入ることよりも大きな目的なのですから、ぜひ高校時代にしかできない人生の楽しみ方をしていただきたいと思います。
そして、そういう経験を積むことができれば、きっと高校を卒業して、大学に入ったり、社会人になってからも、やはり充実した素敵な人生を生きられるのだと思います。

充実した人生は充実した「今」の積み重ね

これはむしろ社会人になってから思うことですが、充実した人生とか、幸せな人生って、先にあるものではなくて充実した「今」、幸せな「今」の積み重ねでしか作れないと思うんですよね。
不幸せな「今」の延長線上には幸せな人生は無いわけです。

もちろん将来に向けて苦しくても努力をしなくてはいけない時間は必要だと思います。
いつも快楽ばかりを求めて遊んでいてはそれはそれで行き詰まってしまうでしょう。

ただ、無理に自分を押し込めたり、人生の後々まで後悔するような「青春を棒に振った」というような思いを残さないように、東大に入ることも今を過ごすことも良い人生につながっている等価なものとして大事にして欲しいと思います。

東大合格のために今からできること

とはいえ、これを読んで遊んでばかりいたら入試に落ちた、となると大変申し訳無いので、それでも勉強しておきたい、合格の確率を高めたい、という方に向けてアドバイスをしたいと思います。

1.このサイトの内容を読み込んで「勉強法の基本」を身につけてください
これに関してはもうそのままです。勉強法は多くの方が意識しないままにしていますが、非常に重要です。これを知っているのと知らないのとでは学習効率が大きく違います。
知らないと3年間掛かるものを知っていれば1年間にすることができるのです。
定期試験の学習にも役立ちますので、ぜひ習得してください。

2.東大の過去問を解いてください
高校1年生の時に解いてもほとんど解けないと思います。(解けたらすごいですね)でもそれでいいのです。どんな問題が出るのかを知ってください。
東大の問題は難しいですが、まっとうな知識と思考を要求するものです。私は東大の過去問を始めてみた際に、「これを解けるようになったらいいな」と純粋にわくわくしました。
東大の問題はそういう、あこがれを持ちやすい良問です。
意識も高まると思いますし、その後学習する際の目的地としてインプットされると思いますから、ぜひ一度解いてみてください。

3.英語や数学など、基礎から積み上げていく科目はしっかりと土台づくりをしてください
あえて勉強をするなら、日本史や世界史、もしくは国語、化学・物理・生物等よりも、英語・数学の基礎を磨いた方が良いと思います。
これらの基礎が重要で仕上げるのに比較的時間がかかります
また定期試験で出題される内容が比較的入試につながりやすいのもこれらの科目です。

一方で暗記ものではないので、身につけたらそのまま入試時まで実力が蓄積されたままです。
英語に関しては出てきた文法や単語は覚える、また、長文を読むことを繰り返して読解力をつけるということを意識しましょう。
英語力が高まっていれば入試はだいぶ楽になります。
数学も同様です、できれば公式についてはただの暗記ではなく「なぜそうなるのか」を理解し、公式を忘れてしまっても自分で再現できるような学習をしていくと、楽しいですし力もつきます。
文系でも理系でも英語・数学は確実に使いますのでこの2科目に意識をおいて勉強をしていくようにしてください。

長くなってしまいましたが、ぜひ高校生活を充実させつつ、大学にも合格して、その先も良い人生を過ごせるようにしてください。応援しています。


=====
最後までお読みいただきありがとうございます。
もし内容が役に立った、気に入ったという場合にはTwitterやFacebookのアカウントをお持ちの方でいいねかシェアを頂けると嬉しいです。
また何か気になることが有りましたらお気軽にコメント下さい。
皆さんの役に立つかどうかドキドキしながら書いているので何か反応があると嬉しいです。
※更新情報はTwitterで流していますので、こちらもフォロー頂けると有難いです。


志望校選びの注意点


よく質問などでも挙がっている志望校の選び方について書いていきます。知恵袋などでも志望校に関する質問はかなり見かけます。ただ、その中で気になるのは「○○には行かれますか?」というような質問です。

志望とは、志すということですから、「行かれる所の中から選ぶ」のではなく「行きたい所を明確にする」ということが非常に大切です。

高い意欲を持って志望校を決められればそこに行くための実力を努力で身に付けることも可能だと思います。

人生の節目・転機にもなりうる志望校選びについて書いていきます。

行きたい所(学校・大学)から考える

上に書いたとおりです、「自分はどこに行きたいのか、どこに行くと幸せなのか」をしっかりと模索してください。「自分はどこの学校になら行かれるのか」を考えるのはもっと後で構いません。あるいは考えなくても構いません。とにかく、まずは自分はどこの学校・大学に行きたいのかを明確にしましょう。

「行かれる所」から選ぶのはダメ。人生をつまらなくする

“志望校選びの注意点”の続きを読む


=====
最後までお読みいただきありがとうございます。
もし内容が役に立った、気に入ったという場合にはTwitterやFacebookのアカウントをお持ちの方でいいねかシェアを頂けると嬉しいです。
また何か気になることが有りましたらお気軽にコメント下さい。
皆さんの役に立つかどうかドキドキしながら書いているので何か反応があると嬉しいです。
※更新情報はTwitterで流していますので、こちらもフォロー頂けると有難いです。