単語帳を使った正しい英単語の覚え方


英単語を暗記するのに、英単語帳を使う人は多いと思います。ここでは単語帳の正しい使い方、より効果的に単語を覚えるための勉強法について書いていきます。
間違った学習方法だと、勉強効率が上がらず、どれだけ時間を掛けてもなかなか単語が覚えられなくなってしまい勿体無いです。
受験生や、勉強をしている人たちの中にも時々、あまり効率的ではない単語と湯の使い方をしている人がいますので、注意してください。

単語帳は読み物ではない

単語帳を読み物として使うパターン、一番やりがちだけどもやってはいけないのは、これです。
単語帳を開いて一生懸命単語やその意味を読むことで覚えようとします。とにかく長い時間単語帳に目を通したり、声に出して発音したりする。これは残念ながらあまり良い勉強法とは言えません。
別に口にだすことが問題なわけではありません、ただ、漠然とインプットをしようとして読んでいてもなかなか頭には入ってこない、そこが問題なのです。

単語帳は単語とその意味、簡単な例文が載っているだけの非常にシンプルな内容です。それをずっと読んでいると、きっと刺激が少なくて脳も飽きてしまうでしょう。
そうすると時間をかけてもなかなか単語を覚えられず、しかもあまり楽しくありません。
そんな学習方法をしている人は、今から英単語帳の活用方法を変えましょう。

問題集だと思って使うこと

他の箇所でも書いていますが、勉強をする際には「問題を解く」「実践」で学習するのが最も効率的です。
単語帳も読み物ではなく、問題集として捉え、実践する形で学習しましょう。

具体的な進め方はこうです。
英単語帳を開いたら、英単語を見えるようにしたまま、その日本語訳(意味)を隠します。
これは文字が赤くなっているなら赤いシートなどを使ってもいいですし、面倒なら、自分の手で覆って隠すだけでも大丈夫です。

とにかく意味を隠して、それが「この単語の意味は何でしょう?」という質問・問題であるというつもりで、自分に出題し単語の意味を当てようとします。この実践が非常に重要です。
隠された単語の意味を当てるクイズです。

問題形式にするとなんとなく読んでいることができなくなるので、集中力が高まります。また実際に考えるので頭に定着しやすくなりますし、自分がわかっているもの、わかっていないものが明確になるので、力を入れるべき単語もわかります。
わからなかった単語については、「わからなかった」という悔しさが頭に残るので、その分覚えやすくなります。

詳細な勉強方法については、こちらの記事も参考にしてください。
(このサイトの中でも最も大事な勉強法紹介記事の一つです)
知識定着のための繰り返し学習法

この勉強法と組み合わせて学習すると、毎日毎日、わからなかった単語が明確になります。そしてなかなか覚えられない単語については「ああ、この単語昨日もできなかったのに・・・」と悔しい思いをすることからより強く印象に残り、最終的には暗記できるようになるのです。

受験勉強は実践が全て

リンク先の勉強法でもとにかく実践を強調していますが、これは本当にそうだと思います。
問題を解く、教科書を読む、この2つはどちらも「勉強」です。受験に関するものであれば「受験勉強」といえるでしょう。
ただし、読んでいる学習と問題を解く実践型の学習では、自分の集中力も違いますし、力の身につき方も大きく異なります。
同じ時間数で勉強をしていても、効果が何倍も違うこともあるでしょう。
ぜひ実践が重要である、ということを意識しながら学習してください。

お薦めの英単語帳

私は単語帳を使った学習を長く続けることは推奨しておらず、むしろ初期の基礎固めにだけ使えばいいと思っています。
そのような利用方法からすると、もっとも効果的なおすすめ単語量はターゲット1900です。
以下のページでもご紹介していますので、どんな単語帳が合っているか、確かめたい場合はご確認ください。

受験英語学習法2「単語・熟語」


=====
最後までお読みいただきありがとうございます。
もし内容が役に立った、気に入ったという場合にはTwitterやFacebookのアカウントをお持ちの方でいいねかシェアを頂けると嬉しいです。
また何か気になることが有りましたらお気軽にコメント下さい。
皆さんの役に立つかどうかドキドキしながら書いているので何か反応があると嬉しいです。
※更新情報はTwitterで流していますので、こちらもフォロー頂けると有難いです。


投稿者: ga_ro_ri

がろりです。 サイトにお越しいただきありがとうございます。読んでいただいて嬉しいです。 公立中学から、都立高校を経て独学で東大文一に現役合格。 みなさんと生まれたばかりの娘のよりよい人生のために有効な勉強法を広めたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です