なぜ勉強法が決定的に大事なのか


サイトで扱っている勉強法。私はずっと勉強法にこだわりを持って人に伝えています。それは勉強方法を知らないことで、せっかくの努力が無駄になってしまい、損をしている、あるいは夢を諦める、というようなことをしている人が多く、もったいないと思うからです。

勉強法を適切にすることの絶大な効果を知らないと想像しづらいとは思いますが、勉強法によって成績の伸び方は驚くほど違います

東大合格にも、それ以外の大学受験にも、資格試験にも勉強法がとにかく大事です。
ここではもう少し具体的に「なぜ勉強法が大事なのか」ということを記載していきます。

■勉強そのものではなく、勉強法が大事

このサイトでは例えば「英語の文法問題はこのように解くんですよ」「分詞構文はこういうものですよ」「複素数平面とはこういうものですよ」というような具体的な”勉強”の内容は基本的には扱っていません。

扱っているのは「どのように勉強をしたらいいか」「目標設定はどうするべきか」「受験の計画はどうすれば良いのか」「各科目の勉強の際に大事なポイント」というような”勉強法”です。勉強の内容については世の中に多くの参考書や先生がいて、そこでいくらでも解説されています。

一方で勉強法については、あまりよい情報が世の中に溢れているとも言えませんし、そもそも多くの人は「勉強法はとても大事である」という認識の無いままに、漫然と我流の勉強を積み重ねてしまっています

もちろんそれがその人に合った正しいものであればよいですが、実際に多くの学生の方を教える立場や相談に乗る立場で見ていると、冒頭に書いたように勿体無い学習をしてしまっている人がとても多いのが現状です。

そして同時に適切な勉強方法で学習をすることで、大きく成果を伸ばしてきた人も何人も見てきました

勉強をする以前に勉強法を身に付ける、これこそが受験で合格するにあたって非常に重要なことだと考え、このようにサイトで皆さんにお伝えをしていくことになりました。

■東大受験も早慶受験もGMARCHの受験も、それ以外の受験も、資格試験も、高校受験も、もちろん勉強法が大事

勉強法というものは(少なくともこのサイトでご紹介しているものは)東京大学の受験や○○大学の受験合格というような限られた範囲だけにとどまるものではありません。
試験という内容に関する全てのものに当てはまるといえるでしょう。

ですからあなたが、今高校受験生であっても大学受験生であっても、志望校がどこであっても、あるいは大学生や社会人で資格試験を受ける人であってもかならず役に立つでしょう。

そして、その勉強法は今皆さんが突破しようとしている試験以外にも、今後も必ず役に立ちます。

実際私は大学受験で見出したこのサイトでご紹介している勉強法を使って、TOEICで950点を取ったり、総合旅行業務取扱管理者の試験に合格したりと、資格周りにも役に立ちました。
また、これは少しだけですが、就職活動用にSPIという試験の対策をしまして、その際にもこの勉強法が非常に役に立ちましたし、実際にどこの会社でもSPIで落ちるようなことはありませんでした。

もし高校生の方がこの勉強法を身につけられたなら、もちろん大学受験には役立つと思いますし、その先の就活のSPI、英語の資格(TOEIC、TOEFL等)や業務上必要な資格の試験対策等にずっと役に立ち続けると思います。

また、後ろにも書いているように、いい勉強法はビジネスで成果を出す基本動作にもつながっていますから、受験の体験がそこでも活用されると思います。

■勉強法が違えば同じ時間の勉強でも効果が大きく違う

自分自身、しっくりこない勉強法で学習をしたことで、2週間程度を無駄にした、と感じたことがあります。高校3年のはじめころ、受験勉強を開始したばかりの時でした。
勉強したはずなのにほとんど何も残っていないのです、これには非常に唖然としました。その後試行錯誤しながら勉強法を確立する中で、やり方でこうも違うのか、ということを実感してきました。

その後は、そもそも当たり前のように自分の勉強法を活用しているのでそういうことはなくなりましたが。

私は高校3年生になってから本格的に受験勉強を始めました、高校も都立の高校です。東大の文一に現役合格した人の中ではかなり開始も遅いですし、その後の勉強時間もかなり少ないほうだと思います。
それでも合格できたのはやはり自分の勉強方法があったからです。

そしてその後も、例えばサイトでも説明している総合旅行業務取扱管理者の試験において、目安とされている学習時間の半分程度で資格取得に成功しました。

学習した際に、成果にならなかった自分と目安の半分で成果を出せる自分、一体何が違ったのでしょうか。人はもちろんどちらも私、同じです。使っている教材も市販のオーソドックスなものです、では何なのか、勉強法です。

勉強法が異なればかけた時間が同じでもそこからのリターンが全く異なったものになるのです。

■勉強法の習得に時間を掛けても必ず最後にはお釣りが来る

適切な勉強法とそうでない勉強方法での学習効率には上のように1.5倍や2倍の開きがあると考えています。(これはもちろん元の勉強法にもよるので一概には言えませんが)

そうすると例えば1日3時間、300日学習したとして900時間の受験勉強をするとしましょう(実際にはもう少し多くする人が多いと思いますが)。
普通にやるとそのまま900時間分の成果です。

ただ、ここではじめに20時間だけ使って正しい受験勉強法を習得したとしましょう。
そしてその結果勉強の効率は1.5倍になると仮定します。
そうすると前と比較して900-20で受験勉強の時間は880時間に減りますが、そこから得られる成果は880×1.5倍で元の時間にして1320時間分の成果が上がることになります。

はじめに20時間を勉強法に費やすことで420時間分のプラスを生み出すことができるのです。

勉強法学習を 勉強法学習時間 試験勉強時間 効率 成果(元の時間にしてどれ位分か)
しない 0 900 1 900
する 20 880 1.5 1320
差分 20 -20 420

420時間というと、1日6時間勉強しても70日以上です。勉強法の学習を最初に入れるだけで2ヶ月以上の期間分を追加で獲得することができるのです。
スキマ時間学習も大事ですが、間違った勉強法でスキマ時間学習を積み重ねるよりも、はじめにどかっと勉強法そのものを習得する時間を作った方がよほど良いでしょう。

上の計算はあくまで仮定に基づくものですが、実際にはこれ以上の効果があると思います。
(受験勉強にはみんなもっと時間をかけるし、勉強法が変わると効率はもっと伸びるはず)

お釣りというには大きすぎるリターンがありますので、これをやらない手は無いと思います。

■勉強法はあれこれぶらさず続けること

勉強は1日、2日で一気に成果が出るものではありません。一度この勉強法でいく、と決めたらある程度の期間は腰を据えてそこに取り組んだほうが良いでしょう。
直ぐにやめてしまってはそれが良かったのか、自分にあっていたのかどうかがわからないままになってしまい、取り組んだ時間が無駄になってしまいます。

少なくとも1ヶ月程度はしっかりとその勉強法に取り組んで、成果を確認するようにしてください。

■良い勉強法はビジネスの基本動作にも通じる

ビジネスで必要なことは受験勉強で学んだという記事にも書きましたが、受験勉強はビジネスで成果を出す仕事の仕方にも通じる点が沢山あります。

結果を出すための行動様式として、受験のみならず活用できるものですので、ぜひ勉強法を身につけていただきたいです。

■結果を出すためには、正しい理解とまずやってみる素直さが大事

これは受験にかぎらずビジネス書等にもよく書いてありますが、成果が出る人、成功する人の特徴の一つは「素直であること」です。

人から勧められたものを、考えたうえで良さそうであれば試してみる、それでダメなら変えればいい、そういうマインドを持った人のほうが、あれこれ考えて人のアドバイスを取り入れない人よりも圧倒的に成果が出ます。

もちろん、アドバイスの内容を理解できていなければ元も子もないので、正しい理解をすることは前提ですが、その上で素直に試してみる、まずはやってみる、ということを是非皆さんにも行っていただきたいです。

やらないうちから、そんなはずない、と決めつけてしまうのはとても勿体無いことです。一度きりの人生、後悔がないように、より良い結果に繋がるように良い勉強法を実践してみるようにしてください。


=====
最後までお読みいただきありがとうございます。
もし内容が役に立った、気に入ったという場合にはTwitterやFacebookのアカウントをお持ちの方でいいねかシェアを頂けると嬉しいです。
また何か気になることが有りましたらお気軽にコメント下さい。
皆さんの役に立つかどうかドキドキしながら書いているので何か反応があると嬉しいです。
※更新情報はTwitterで流していますので、こちらもフォロー頂けると有難いです。


投稿者: ga_ro_ri

がろりです。 サイトにお越しいただきありがとうございます。読んでいただいて嬉しいです。 公立中学から、都立高校を経て独学で東大文一に現役合格。 みなさんと生まれたばかりの娘のよりよい人生のために有効な勉強法を広めたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です