英語長文の解き方(長文は答え探し)


どのような英語長文の試験問題にも対応できる長文読解の解き方

知恵袋で英語長文が苦手という方の質問に回答したので、その流れで英語長文の対策、解き方を書いていきます。
サイト内ではこちらで回答しています

これはセンター試験でも、早慶のような私立や国立二次でも同じです。さらに言えば、TOEIC(トーイック)の長文読解でも同じ解き方で回答することができます。
※受ける方は少ないと思いますが時々サイトで出てくる総合旅行業務取扱管理者の海外実務試験の英語長文でも同じです。

長文読解は「答え探し」

英語の長文読解はひとことで言うと「答え探し」です。設問に対応する答えは全て長文の中に書いてあります。長文の形をとっていますが、試験としては「英語」を問うものですから、長文の内容を正しく理解できているかどうかを設問によって問う、つまり答えるべきは全て「長文の中に書いてある」情報なのです。

仮に(英語の試験なのでそんなことは絶対に無いですが)設問も長文も日本語になっていたとしたら誰でも答えられるようなそんな内容です。考える必要はありません、設問にあった回答を長文から探す、それが英語長文読解です。長文の内容に書いてないことを考えたり推測する必要はありませんし、むしろそういったことはやってはいけません。

解き方のポイント:長文を読む前に設問を読む「まず設問」式で回答する

どのような解放を取るべきか。シンプルに「まず設問を読む」ことです。多くの人は英語長文の問題が出た時に素直に長文を読んで、設問を読んで、長文を読んで、というステップで回答しますが、それでは時間がかかりますし、漫然と全体を読むことになってしまいます。
そうではなく、まずは回答に目を通して設問を理解します。

×:長文を読む→設問を読む
○:設問を読む→長文を読む

自分がこのあと長文から何の答えを拾わなくてはいけないのか、そういったアンテナを立てながら長文を読むと答えが一気に見つかりやすくなります

完全に適当なサンプルですが(すいません、回答のサンプルも雑で・・・ちょっとバラバラすぎて実際はこういう問題は少ないかもしれませんが)以下のような設問があったとします。

When did Mr.Davis arrive at the station?

A:In the morning.
B:At night.
C:In April.
D:On Monday.

そうすると長文のどこかでデイヴィスさんが駅につくことがわかりますし、その近くにその時間を示す表現があるはずです。
ですからその場面を意識しながら読み進めて、でてきたらそのタイミングを拾って回答することになります。

漫然と読んでいると、こういうところまでは頭に入っていないため、長文を先に読むやり方では設問の後にもう一度この箇所を探すことになってしまいます。そうではなく、しっかりと応えるべき内容にフォーカスできるようにしましょう。

設問を読むことで文章の中身も推測できる

これも設問から読む時のメリットです。上で書いたような設問があるとすれば「Mr.Davisという登場人物がいること」「彼が駅に到着すること」が分かります。

長文読解はきちんと長文のポイントとなる部分を理解できているかを確認する問題ですから、枝葉になるような些末な内容よりも、長文の中心的な内容を聞いてくることの方が多いです。複数の設問に目を通せばおぼろげながら長文の概要が推測できるようになります。

その事前情報を元に、この設問に対応する回答を探すように読む、ということは何も考えずに頭から長文を読み込むのとは大きく回答のしやすさが異なります

全てを理解しようとしないこと(目的は設問に回答すること)

長文読解の際には全てを理解しようとしないことも大切です。目的はあくまで「設問に回答すること」です。極端な話をすれば、内容がちんぷんかんぷんであったとしても、設問に回答さえ見つけられればいいのです。

時々細かな設問と関連のない難しい部分を理解しようとして時間を多く消耗してしまう人がいますが、それはとてももったいないことです。長文の学習をしているだけなら確かに全ての文の意味を捉えようとすることも良いですが、実際に問題を解く場合はそのような行動はするべきではありません。

問題は長文を読めたかどうかではなく、設問を理解し、それに答えられる内容を長文の中に見つけられたかどうか、なのです。

長文読解というとついつい長文を読んで理解しようとしてしまいますが(もちろんそれはそれで大事なことなのですが)まず設問を読んで、その設問の回答を見つける、という目的を持ったうえで、漫然とではなく、回答のために長文を読み込み、理解する、ということを意識してください。

慣れるまではやりづらいかもしれませんが、徐々に慣れてくると正解率も高まりますし、回答に必要な時間も短くなっていきます。

しかもこうしていくと長文が読みやすくなっていくような気がします。今まで長文を先に読んでいた、というような人はぜひ試してみてください。


=====
最後までお読みいただきありがとうございます。
もし内容が役に立った、気に入ったという場合にはTwitterやFacebookのアカウントをお持ちの方でいいねかシェアを頂けると嬉しいです。
また何か気になることが有りましたらお気軽にコメント下さい。
皆さんの役に立つかどうかドキドキしながら書いているので何か反応があると嬉しいです。
※更新情報はTwitterで流していますので、こちらもフォロー頂けると有難いです。


投稿者: ga_ro_ri

がろりです。 サイトにお越しいただきありがとうございます。読んでいただいて嬉しいです。 公立中学から、都立高校を経て独学で東大文一に現役合格。 みなさんと生まれたばかりの娘のよりよい人生のために有効な勉強法を広めたいと思っています。

“英語長文の解き方(長文は答え探し)” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です