小学受験・中学受験はさせるべきか?(自分の子どもを東大に入れるために)


我が子を東大に入れたい親のために、シリーズです。

今回は自分の子どもを東京大学に入れるために、小学校受験や中学校受験をしたほうが良いのか、という点について記載していきます。

特に東京においては、小学校や中学校の段階から(特に中学受験において)進学に強い私立学校に入学させるケースが多いと思います。

ただ、その場合は当然公立の学校に進むのに比べて、塾などの費用や学費など多くのお金もかかりますし、他の子どもが遊んでいる時期に、子どもが受験勉強をすることになります。

「東大に入る」ということを考えた際に小学受験、中学受験をしたほうが良いのか、ということを考えていきたいと思います。

結論は、「無理に早い段階での受検をしなくてもいい」ではあるのですが、どうしてそうなるのか、もう少し丁寧に中身を見ていこうと思います。

中高一貫校等出身の東大生が多いのは事実

まず、東大に入学する人の中にはやはり有名私立進学校からの進学者は非常に多いです。典型的な例で言えば、開成高校・麻布高校・武蔵高校という男子御三家などが代表です。

特に開成高校は毎年東大合格者数1位ですし、麻布も筑波大学附属駒場高校についで3位につけています。(そこと比較すると武蔵はちょっとランクは落ちます)

※東大の合格者の出身高校については、以下のサイトにランキングが載っています。
http://www.inter-edu.com/univ/

上に記載した以外にも、やはり上位には私立の進学校の名前が多く出てきますし、実際東大に入ると、開成高校出身の人があちこちにいたりします。

東大合格者の中に私立の進学校出身者が占める比率は高い、というのは事実でしょう。

 

進学校に入るためには、早い段階での受検も一つの手。

上で書いているような進学校の中にはそもそも高校受験による募集を行っていない学校も存在します。麻布などは高校からは入ることができず、入るためには中学での受検をする必要があります。

また、高校での募集をしている開成に入るにしても中学から入ったほうがライバルが少ない、中学からだと2回チャレンジの機会がある、ということでどうしても開成に入りたいのであれば、確かに中学受験からするというのは一定リーズナブルな選択肢です。

ですからこれらの学校に入るために、例えば中学受験をする、というのはそれほど悪い選択肢ではないように思えます。

 

早期受験のメリットは「学習習慣」と「基準の底上げ」

では、なぜ、進学校の人は東大に多く合格できるのでしょうか。
(もちろん進学校にいても東大に落ちて他に行く人も多くいますが)
理由は「学習習慣」と「基準の底上げ(=高い基準が設定される)」という2つだと思います。

まずこれらの人気の学校に入学するのはそれほど簡単なことではありません、ですから受験生は必死に勉強します。

そうするとかなり早い段階から、しっかり勉強をする習慣が身についていきますので、沢山の勉強をすることが比較的当たり前になり、苦ではないということではないでしょうが、そこに対する抵抗がなくなると思います。

どの学校に通っていても当然東大に合格するためには自分でも勉強を頑張らなくてはいけませんから、その際にしっかりと勉強をする習慣が付いているということはプラスにになるポイントでしょう。

また、その際にたくさん勉強することに加えて、入学すると周りにも勉強ができる(難しい入試を突破してきた)学生が当たり前ですが沢山います。

そして彼らの多くは東大を目指しています。

そういった環境の中にいると、勉強することは当たり前、東大を目指すことは当たり前、そこに向けての情報も集まってきますし、当然このくらいはやっていないと、という基準が形成されていきます

そして実際に多くの合格者を排出している学校では、それは非常に高い基準になるでしょう。

こうした基準の中で生活をしていくことで、自分の基準も自然と引き上がり、他からしたら多く努力していると思えることや、難しいと思える水準を目指すことが当たり前になっていくでしょう。

これは私立の進学校に受検をして入るメリットだと思います。

公立高校からでも十分合格は可能

一方で、最後に結論ということになるのですが、公立高校からでも十分東大の現役合格は可能です。

実際に先ほどのランキングを見ていただいても、日比谷や西のような都立高校もランクインしています。

私が卒業した国立高校も同じく都立ですが、やはり東大合格者を複数人排出しています。

結局受検の成否を決めるもっとも大きい要素は自分が大学受験に向けてどれ位勉強をしたかです。それさえできるのであれば無理にお金や時間を掛けて私立の学校に早い段階から通わなくても合格することは可能です。

もちろん私立の方が有利な部分もあると思いますが、逆にあまり早い段階で受検勉強をしなくても良い分、他に色々なことを経験してそれを元に入試を頑張っていくということも可能です。(もちろん私立に通っていて色々な経験をしている人もたくさんいるでしょうが)

早い段階で中学受験のようなものをするかどうか、その結果どれ位違うかは、あくまで度合いの違いでしか無く、決定的なものではないですし、またそれがどれ位意味を持つかも人によって違います。

公立の学校からも十分東大に合格者がいる現状を考えると、必ずしも無理に早いタイミングでの受検をする必要はないと思います。


=====
最後までお読みいただきありがとうございます。
もし内容が役に立った、気に入ったという場合にはTwitterやFacebookのアカウントをお持ちの方でいいねかシェアを頂けると嬉しいです。
また何か気になることが有りましたらお気軽にコメント下さい。
皆さんの役に立つかどうかドキドキしながら書いているので何か反応があると嬉しいです。
※更新情報はTwitterで流していますので、こちらもフォロー頂けると有難いです。


投稿者: ga_ro_ri

がろりです。 サイトにお越しいただきありがとうございます。読んでいただいて嬉しいです。 公立中学から、都立高校を経て独学で東大文一に現役合格。 みなさんと生まれたばかりの娘のよりよい人生のために有効な勉強法を広めたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です