総合旅行業務取扱管理者合格に向けた勉強法(概論編)


総合旅行業務取扱管理者試験合格に向けての勉強法概論

旅行業を行う上で必要な、総合旅行業務取扱管理者の資格取得についての勉強法を書きます。(この資格絡みでサイトに来てくださる方が一定数いらっしゃるようなので加筆しています)
この試験にかぎらず私は独学派ですが、この総合旅行業務取扱管理者については特に独学・自習が向いていると思いますし、資格講座に通わなくても十分合格できると思います。

私が総合旅行業務取扱管理者になった経緯や、初めて過去問を解いた際のメモは以前書きましたが、ここからは合格するためにどのような学習法・戦略でやっていけばよいのか、といういわば合格のための勉強法を記載していきます。

自分自身がこの方法で合格していますし、後のこの方法をお伝えした方もそれを活かして合格されているので、実績もあり、各種試験対策が得意な自分からしても確かなやり方だと思います。

なお、参考書については別途詳述しますが、テキスト系と問題集系が1冊ずつあればそれで十分です。私はユーキャンの物を使いましたし、他の方もそれで良いと思います。
それでは、まずは概論を書いていきましょう。

【前提の理解】

まず、総合旅行業務取扱管理者合格のための前提を確認しましょう。

試験科目

総合管理者の試験科目は以下の4科目です。
・旅行業法及びこれに基づく命令
・旅行業約款、運送約款及び宿泊約款
・国内旅行実務
・海外旅行実務

1つ目の旅行業法~海外旅行実務までが100点満点、最後の海外旅行実務だけが200点満点の試験です。

合格条件

旅行業の試験の合否は総合点で決まるわけではありません「各科目で60%以上の点数を取ること」が合格=資格取得の条件となります。

旅行業法・約款・国内旅行実務に関しては60点以上の取得、海外旅行実務に関しては120点以上を取得する、ということができれば合格。どれか一つでも足りなければ不合格となります。

なお、全体として不合格の場合も国内旅行実務と海外旅行実務については、各科目で60%以上の得点を取得していれば翌年の試験が免除となります。

【学習の方針】

全体

合格のためにどのような方針・戦略で勉強を進めていけば良いのかを記載します。

大前提として、過去問は最初に解くべし(試験勉強法において最も大切な4つのポイント参照)です。

まず概要としてなのですが最初の2科目「旅行業法」「約款」については難しくありません。もちろん知識問題なので知らなければ合格出来ないのは当然ですが、問題のパターンも決まっていますしそれほど難しくありません。
ここは一定の学習を済ませれば誰でもできるようになる(かつ60点ギリギリというよりは8割9割は固く取れるようになります)

したがってこの2科目についてはとくに心配する必要はありませんし、かけるべき時間もそれほど長くありません

そういう意味ではこの2科目についてはそこそこに手をかけてさっと仕上げてしまうことが大切でしょう。

問題は「実務」の2科目、特に国内旅行実務です。

海外旅行実務については英語が出てくるなど苦手意識がある方もいらっしゃると思いますし、業法や約款ほど優しくはありませんが、200点満点、という所に救いがあります。80点は落としてもいいのです。

しっかりと解き方を理解していれば確実に得点できるパートもかなりありますので、そこで得点を積むことができれば合格に向けて大きな問題はないと思います。

上述の通り、国内旅行実務が最難関です。地理が得意な方にとってはむしろ難しくないとは思うのですが、そうでない人にとって厳しいのはこの地理問題が2点×20問で40点分を占めていることです。ここを大きく落としてしまうと後がなくなって合格が遠のいてしまいます。

個人的な話をすると、私は暗記系の勉強があまり好きではなく、しかも入試科目が日本史と世界史だったので地理は全くでした。(関係ないかもしれませんが極度の方向音痴でもあります)しかも温泉が全く頭に入ってこず、完全に捨てたこともあり、当日は結構ギリギリの得点でした(元々ギリギリを狙っていたので仕方がないと言えば仕方がないですが)

この実務をどういう戦略で攻略するか、というのが総合旅行業務取扱管理者の試験における合否を左右するポイントでしょう。

全体の学習時間の目安としては、もちろん人によっても違うでしょうが。
・業法:15%
・約款:15%
・国内:40%
・海外:30%
といった形のイメージです。

個別科目の勉強法

それぞれの学習法については別途ページを分けて詳述したいと思っていますが、ここでの大枠は記載します。

・旅行業法・約款

基本的に対策は同じなのでまとめてしまいます。

この部分については知識の大枠の方向性を押さえておけば大丈夫、というところと出題箇所はかなり決まっている、というのがポイントです。
テキストを読んで業法や約款の背景にある考え方(旅行者の保護)と概要を理解したうえで、問題集を解き、問題集の内容が一通りできるようになっておけば十分です。試験でも良い点が取れるでしょう。

問題集の解き方については「知識定着のための繰り返し学習法」をご参照ください。

・国内旅行実務

こちらは地理がどれ位得意か、どれ位そこを勉強する気があるかで変わってきます。地理が得意でそこで高得点が見込める方は、そこから先のJRや航空系の部分について概要と計算問題の練習をしておけば大丈夫です。地理が得意ならだいぶ楽になります。

計算系の問題は一度やり方さえ覚えてしまえば手堅く得点源にすることができるので、そこはしっかりとできるようにしておきましょう。
問題を繰り返しといて考え方を理解しておけば十分です。

地理が苦手な場合は、まずは覚えれば手堅く点が取れるJRや航空系の部分をしっかりとマスターして正答率を上げておきましょう。地理は0点でもそれ以外が満点なら合格できるのです。もちろん地理も選択式ですし、全くできないということもないでしょうが、そのくらい割りきってそれ以外をしっかりと鍛えることが重要です。

その上で残った時間で地理問題の学習をしておくと良いと思います。

・海外旅行実務

こちらも地理問題と英語の得意・不得意によってかなりわかれます。ただし、国内旅行実務と比較して全体の点数が高いので1項目位落としたとしても十分合格することが可能です。

こちらにおいても乗り換えや時差の計算のような一度理解できれば確実に得点を確保できる領域をしっかりとマスターしたうえで、プラスアルファの暗記系問題に着手するというのが最も確度の高い学習法かと思います。

具体的な部分は別途記載しますが、概略としては以上のような部分を掴んでおくと良いと思います。

2016年版 U-CANの国内・総合旅行業務取扱管理者 速習レッスン 【北海道新幹線開業に伴うダイヤ改正に対応! 】 (ユーキャンの資格試験シリーズ)
ユーキャン旅行業務取扱管理者試験研究会

2016年版 U-CANの総合旅行業務取扱管理者 過去問題集 【詳細解説つき】 (ユーキャンの資格試験シリーズ)
ユーキャン旅行業務取扱管理者試験研究会

===
サイトでまとめている総合旅行業務取扱管理者関連の記事を以下にまとめています。
必要状況に応じてご参照ください。
学習をされる方には「概論」はぜひ読んでいただきたいです。あとは必要状況に応じて各科目の対策・勉強法やおすすめ参考書をご参照ください。

記事名必読度合概要
総合旅行業務取扱管理者合格に向けた勉強法(概論編)★★★★★勉強法の全体像です。まずはここから読んで頂けると良い勉強ができるはずです
総合旅行業務取扱管理者 初見の際の試験対策メモ★★★☆☆初めて解いた際の試験メモです。試験対策の仕方のご参考にはなるのではないでしょうか。
加えて私も初期は全くできなかったことがよくわかって頂けるかと。
僕はなぜ総合旅行業務取扱管理者になったのか(賞金100万円プロジェクト)★★☆☆☆資格をとるようになった経緯です。試験勉強には直接は関係ありません。
業法・約款の勉強法・対策★★★★☆業法・約款の勉強法・対策です。勉強法でお悩みの方、より良い学習法を知りたい方はぜひ。
国内旅行実務の勉強法・対策★★★★☆国内旅行実務の学習法です。あとは上記と同様です。
海外旅行実務の勉強法・対策★★★★☆海外旅行実務の学習法です。あとは上記と同様です。
総合旅行業務取扱管理者の試験勉強用アプリを見つけました!が・・・★☆☆☆☆たまたま見つけたもののあまりお薦めではありませんでした。
総合旅行業務取扱管理者試験、お薦めのテキスト・参考書・問題集★★★★☆おすすめの参考書です。ただし、他記事でも紹介しているので、そちらを読んで頂ければ大丈夫です。
総合旅行業務取扱管理者試験の難易度★★★☆☆試験の難易度や合格の目安時間等をご紹介しています
総合旅行業務取扱管理者試験は独学で合格できるか★★★☆☆独学でも受かるかどうかの考察です。独学に興味がある方は。


=====
最後までお読みいただきありがとうございます。
もし内容が役に立った、気に入ったという場合にはTwitterやFacebookのアカウントをお持ちの方でいいねかシェアを頂けると嬉しいです。
また何か気になることが有りましたらお気軽にコメント下さい。
皆さんの役に立つかどうかドキドキしながら書いているので何か反応があると嬉しいです。
※更新情報はTwitterで流していますので、こちらもフォロー頂けると有難いです。


投稿者: ga_ro_ri

がろりです。 サイトにお越しいただきありがとうございます。読んでいただいて嬉しいです。 公立中学から、都立高校を経て独学で東大文一に現役合格。 みなさんと生まれたばかりの娘のよりよい人生のために有効な勉強法を広めたいと思っています。

“総合旅行業務取扱管理者合格に向けた勉強法(概論編)” への 3 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です